高度な医療なので妊娠率が高いです

婦人体温計

不妊で悩んでいる人は、タイミング法や人工授精などの不妊治療を受けています。長い間不妊治療を続けているけれど、赤ちゃんが授からないので悩んでいる人が少なくありません。横浜の専門クリニックでは、高度な医療で妊娠率の高い体外受精による治療を行っています。体外受精は膣内から針を使って、卵巣内の卵子を採卵します。卵子と精子を使って受精卵を作り、培養をして子宮内に戻す方法です。体外受精は基本的には、保険適用は受けられないので、費用はやや高めになっています。横浜の専門クリニックでは、40万円から、45万円前後です。受精卵を培養した後は、凍結保存を行います。横浜の専門クリニックでは、最新の医療機器を導入しているので、体に負担の少ない不妊治療を行っています。年齢や生理周期のサイクルに合わせた治療を心掛けています。30代、40代と年齢を重ねると、卵子の質が下がってくるので、早い段階から治療を始めることが大事です。

採卵の時は局部麻酔をしてくれます

お腹

横浜の専門クリニックでは、最新の医療機器を導入しており、衛生的な環境で体外受精を行っています。採卵をする時は、局部麻酔を行うので痛みを感じることはほとんどありません。採卵をしてから、1、2時間後に帰宅をすることが出来ます。翌日から軽い程度の家事や、デスクワークを行うことは出来ます。自動車の運転や激しいスポーツなどは、避けたほうが良いでしょう。体外受精による不妊治療は、欧米諸国などでは大変ポピュラーになっています。不妊の原因は女性側だけでなく、男性側に問題があるケースもあります。横浜の専門クリニックでは、カウンセリングや診察に時間を掛けてくれるので、体外受精による不妊治療のメリットなどを説明してくれます。体外で精子と卵子を受精させるため、子宮に着床する確率が高くなります。一般的な不妊治療では、効果が実感できなかった人も、多くの人が待望の赤ちゃんを授かっています。横浜の専門クリニックでは、費用の面でも相談がしやすいので、安心して通院が出来ます。体外受精は高度な不妊治療なので、料金は高めですが、医療ローンを組んだり、クレジットカードによる後払いが利用できます。赤ちゃんがなかなか授からないと、不安を感じている人が多いですが、妊娠しやすい体作りを始める必要があります。診察に時間を掛けてくれるので、一人一人の体の状態に応じた治療法を提案してくれます。

広告募集中